So-net無料ブログ作成
検索選択

08年度決算を質疑=参院委(時事通信)

 参院決算委員会は4日午前、鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席して2008年度決算について質疑した。民主党の柳沢光美氏は、「来年度末に973兆円に達すると見込まれる国の債務残高は危機的だ」として、財政再建に向けた政府の具体的な取り組みを問う。
 午後は自民党の丸山和也氏が、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件を取り上げ、首相の姿勢をただす。続いて、公明党の荒木清寛、共産党の仁比聡平、社民党の又市征治の各氏が質問に立つ。 

【関連ニュース
【特集】「陸山会」土地購入事件〜4億円「知人から預かった」〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

橋下知事、私立高の実質無料化制度拡大の意向(読売新聞)
民間の二次救急医療機関に財政措置―総務省(医療介護CBニュース)
福岡県汚職 副知事室で100万円授受(毎日新聞)
「社会保障円卓会議」を提案―自民・谷垣総裁(医療介護CBニュース)
インフル休校、1月最後の週は3割減(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。